Raspberry Pi 3、MBE280とPythonを使って温湿度・気圧を取得する

今回はRaspberry Pi 3とモジュールをつかって温湿度と気圧を取得してみました

使用したモジュールはSWITCHSCIENCEの温湿度・気圧センサ(BME280)です

以下が購入したモジュールになります

モジュールのはんだ付けを行う

購入した状態のモジュールはモジュール本体とピンが分かれている状態でした

ブレッドボードに挿すためにはんだ付けを行います

はんだ付けを行ったものが以下になります

意外とうまくはんだ付けができました

RaspbrryPiとモジュールの配線を行う

RaspbrryPiとモジュールの配線を以下のように行う

サンプルプログラムを動かす

I2Cを有効にする

  1. RaspbrryPiのディスクトップの左上のRaspbrryPiアイコンから「設定」→「Raspbrry Piの設定」を選択
  2. Raspbrry Piの設定ダイアログが表示される
  3. 「インターフェース」タブを選択
  4. 「I2C」の項目の有効にチェックを入れる
  5. 「OK」で閉じる

I2Cを使うためのパッケージをインストール

以下のコマンドを実行する

$ sudo apt-get install i2c-tools
$ sudo apt-get install python-smbus

Raspberry Pi に接続された I2C デバイスを確認

以下のコマンドを実行する

$ sudo i2cdetect -y 1

0x76が割り当てられていることが確認できる。

サンプルコードを取得する

以下URLより、「bme280_sample.py」を取得し、任意のディレクトリにコピーする

https://github.com/SWITCHSCIENCE/BME280/tree/master/Python27

サンプルコード内で使用しているライブラリをインストール

サンプルコード内で、「smbus2」というライブラリを利用しているので、インストールをする

以下コマンドを実行

$ pip install smbus2

サンプルコードを実行する

サンプルを配置したディレクトリで以下のコマンドを実行する

$ python bme280_sample.py

温度、湿度、気圧が取得できました

まとめ

RaspbrryPiとモジュールを使って、温湿度、気圧が取得できました。

今後は、取得したデータを保存していき、グラフ表示させたいと思っています

参考URL

https://qiita.com/masato/items/027e5c824ae75ab417c1

https://deviceplus.jp/hobby/raspberrypi_entry_039/

https://qiita.com/na59ri/items/6dadb1c9293eb41c1e5d#%E6%89%8B%E9%A0%86

シェアする

フォローする