Raspberry PiとPythonでLEDを点滅させる

RaspbrryPiとPythonでLEDを点滅させるプログラムを作成しました

手順を忘れないよう、記事にしました

準備したもの

Raspbrry Pi 3

発光ダイオード(赤色LED)×1

抵抗(560Ω)×1

ブレッドボード×1

ジャンパ線(オスメス)×2

配線を行う

Raspbrry Pi 3のピン配置を調べる

  • RaspbrryPiのターミナルを開いて「pinout」コマンドを実行する
  • ピンの情報が出力される

今回は、6番ピン(GND)、12番ピン(GPIO18)を使います

発行ダイオード、抵抗、ジャンパ線の配線を行う

配線例

 LEDの+と-に注意!

足が長いほうが+、短いほうがー

Raspbrry Piと配線した回路をつなげる

  • 上の図の赤い線は12番ピン(GPIO18)に挿す
  • 上の図の黒い線は6番ピン(GND)に挿す

LEDを点灯させるプログラムを作成

プログラムの内容

  • GPIOのピンから1を出力する→LED点灯
  • GPIOのピンから0を出力する→LED消灯
  • 出力を1、0と交互(1秒ごと)にすることで点灯させる

サンプルプログラム

import RPi.GPIO as GPIO
import time
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(18,GPIO.OUT)
sw = True
for num in range(10):
    sw = not(sw)
    GPIO.output(18,sw)
    time.sleep(1)
GPIO.cleanup()

実行コマンド

$ python led.py

まとめ

無事LEDを点滅させることができました

RaspbrryPiを使っていろいろ試して見たいと思います

間違い等ありましたら、ご指摘お願いいたします

参考URL

https://qiita.com/masato/items/715e28e0c0c945a54297

シェアする

フォローする